■GD-ROM吸出し■

   ・DreamcastとPCをLANケーブルで接続し、Dreamcastに通信DISKをセットして電源をON
      (写真3)の状態にして下さい。
         (写真3)

     ・DC BACKUP UTILITYを起動し、メニューから、Tool(T) → Connect(C) を選択。
         

          設定が間違っていなければ、この様に表示されます。 OKを押してください。
         

          設定が間違っているとエラー表示が出ますので、設定をもう一度見直してください。
         

     ・Dreamcast本体のOPENボタンを押し、通信DISCと吸い出したいゲームディスクを入れ替えます。
       (今回は、斑鳩を吸出してみます)
     ・DC BACKUP UTILITYのメニューから、Tool(T) → Track List を選択。
         

        すると、この様にそのゲームDISCのトラック構成が表示されます。
         斑鳩の場合は、CDDAがゲームで使用されていないので、3トラックまでです。
         

      ・吸い出したいトラックにチェックマークを入れます。
       ゲームデータは通常3トラック目にありますので、#3だけチェックすればOKですが
       せっかくだから、俺は赤の扉を選ぶぜ全部に入れてしまいましょう(^^
       CDDAを使用しているゲームは、必ず全部選択して下さい。(ゲームのBGMが鳴らなくなります)
         

      ・DC BACKUP UTILITYのメニューから、Tool(T) → Download(D) を選択。
         

          STARTボタンを押すと、いよいよ吸出し開始です。
         

          吸出しには約1時間かかります。適当に時間を潰して下さい(^^
         

          CANCELボタンがOKボタンに変わったら、吸出し完了です。
         

       ・この様に、約1GBのデータが吸い出されている筈です。
         (ファイルのアイコンは、各自の環境によって違います。)
         


GD-ROM RIPINGのトップに戻る
トップに戻る